自分で自分を諦めない ②

こんにちは。

検査技術ゼミナールです。

 

 

今回は前回の続きです。

また、昔のお話をさせてください。

 

 

マイペースなダメ人間である私は

 

 

バイト先から近いというふざけた理由で

専門学校を決めちゃいました。

 

 

そんな適当に入った専門学校が

とんでもなく面倒見が良い学校だったのです。

 

 

面倒見がいいって良く聞こえますが

現実は全然違います。

 

 

私は刑務所って呼んでました(笑)

 

 

この専門学校との辛い出会いが

人生の転機になるとは思ってもいませんでした。

 

 

では実際、何がそんなに辛かったかというと...

 

 

まず、遅刻は厳禁。

朝が苦手な私には相当堪えました。

 

 

まさか20歳過ぎて、学校まで全力ダッシュする

なんて夢にも思わなかったです。

 

 

また、挨拶や身だしなみにも口うるさく

いつも見張られているような気分です。

 

 

成績もバッチリ把握されていて

進数が大の苦手だった私は

 

 

放課後呼びだされ

マンツーマンの進数指導をしてもらうはめに。

 

 

ありがたいことなのですが

当時の私は嫌でしょうがなかったです。

 

 

さらに、国試の合格率100%

を維持するための厳しい足切りがあり

 

 

進級するたびに友達が減って...

 

 

「勉強しないと人生終わる」

こんな強迫観念にいつも追われてました。

 

 

そして週に何回も実習があるので

その度にレポート提出がありました。

 

 

ダメ人間にとって提出物は

厄介ごとで、こなすのがやっと。

 

 

内容はめちゃくちゃだったと思います。

 

 

だから一生懸命書いても

再提出しろと戻ってくることもしばしば。

 

 

出しても出しても

レポートが永遠に終わりません。

 

 

お陰で学割使って遊ぶ

暇なんてないし

 

 

いつの間にか...

 

 

マイペースとは無縁になっていました。

 

 

とんでもない学校に入ってしまった...

時々、後悔したこともあります。

 

 

遊びに誘われても

試験やレポート三昧で行けない。

 

 

周りの大学生は海外旅行したり

飲み会三昧してるのに。

 

 

私は何でこんなに

切羽詰まってるんだろうって。

 

 

でも、ふと思ったことがあるんです。

 

 

この学校では

みんな平等に辛そうだなって。

 

 

ダメ人間である、私だけついていけてない

こんな状況は1つもありません。

 

 

私も同級生たちも苦労しながら

必死に食らいついていました。

 

 

それはどうしてかというと...

 

次回に続きます!

お気軽にお問合せ・ご相談ください

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
050-3196-8346
受付時間
10:00〜20:00
定休日
日曜

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・相談予約

050-3196-8346

フォームでのお問合せ・相談予約は24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

新着情報・お知らせ

2020/11/20
ホームページを公開しました
2020/11/19
「サービスのご案内」ページを更新しました
2020/11/18
「会社概要」ページを作成しました

medwide合同会社

住所

〒108-0074 
東京都港区高輪4-23-6
ハイホーム高輪708

受付時間

10:00〜20:00

定休日

日曜