【就活】クリニックってどうなの?~仕事編~

 

こんにちは。

検査技術ゼミナールです。

 

臨床検査技師の求人って

わりと色んな規模の施設がありませんか?

 

大学病院、総合病院、検査センター、健診センターなど…

 

その中で一番、想像しにくいのって

クリニックのような小規模施設だと思うんです。

 

病院実習先に含まれないですし

学校の授業でも話題にならないですよね。

 

そこで、クリニックで3年働いた私が

その全貌を明らかにしたいと思います!

 

今回は、私がお世話になったクリニックがどんなところだったのか?

仕事内容をメインにご紹介します。

 

診療科

内科、消化器科

医師数

1(院長)

従業員数

正規職員3(臨床検査技師2人、受付1)

パートタイム職員(受付1)

勤務時間

818(昼休憩は2時間半)

お給料

手取り約23

休日

日曜・祝日・午後だけ休み(週に2)・平日に全休(月に2)

立地

東京23区内のとある高級住宅街

患者来院数/1

平均35人くらい

その他

20年ほど続く、その界隈では老舗のクリニック

 

 

〇仕事内容

 

診療科が内科と消化器科なので、予防接種の準備やインフルエンザキットを使った検査

内視鏡の検査の介助にたずさわっていました。

 

それに加えて、区の健診も承っていたので

採血・心電図・尿定性(試験紙を使った簡易的なものです)もしていました。

 

ここはクリニックでは珍しく、臨床検査技師しかコメディカルがいない施設で

看護師さんの業務に近いお仕事もあり

 

たとえば…

・X線検査のフィルムのセッティング

・点滴の準備 など

 

臨床検査技師がしても違法にはならないけど、学校では教えてもらえない

そんなグレーなお仕事もありました。

 

その他にお掃除や、診察の介助など雑務がちらほら。

細かいお仕事がたくさんあります。

 

忙しいときはなんと、受付業務もお手伝いすることがありました。

 

このように、小さい施設は「臨床検査技師」というよりも

「クリニックの一員」として働く場面が多いです。

 

臨床検査技師らしいお仕事のみしたい!という方には

ちょっと向かないかもしれませんね。

 

 

〇忙しさ

 

基本は風邪の患者さんが多い、冬場が忙しいです。

内科はどこも、そうなんじゃないかと思います。

 

また、インフルエンザの予防接種を受けに来る方が多いため

102月までが繁忙期でした。

 

逆に、春夏は患者数が少ないで内視鏡検査がメイン。

ですので、内視鏡検査と診察の介助の両立で

慌ただしくなることが多いです。

 

またここは内視鏡検査以外、予約が必要ないので

いつ、どんな患者さんがどのくらい来院するのか?全く読めず…

突然忙しくなることがしばしば。

 

その時の状況に合わせて、仕事をしなければなりません。

院長と従業員、みんなのチームワークが必要となってきます。

 

 

いかがでしたか?

なんとなーく、クリニックのことが

分かったのではないでしょうか。

 

 

次回はみんなが気になる「お給料編」

をお伝えしようと思います!

 

 

Twitterも毎日稼働中!

(@kensa_zemi) / Twitter

 

 

 

お気軽にお問合せ・ご相談ください

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
050-3196-8346
受付時間
10:00〜20:00
定休日
日曜

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・相談予約

050-3196-8346

フォームでのお問合せ・相談予約は24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

新着情報・お知らせ

2020/11/20
ホームページを公開しました
2020/11/19
「サービスのご案内」ページを更新しました
2020/11/18
「会社概要」ページを作成しました

medwide合同会社

住所

〒108-0074 
東京都港区高輪4-23-6
ハイホーム高輪708

受付時間

10:00〜20:00

定休日

日曜