【面接官直伝】どうして志望動機を聞いてくるの?
ーその理由とはー

 

こんにちは。

検査技術ゼミナールです。

 

国家試験が終わり

本格的に就職活動に打ち込む人が多い季節。

 

Twitterを見ていると悪戦苦闘

している方が多い印象です。

 

では、皆さんどこで苦労しているのかというと…

それは「面接」です。

 

「上手に答えられなかった」

「どう答えれば正解なのかわからない」

 

確かにそうなんです。

 

そもそも、自分のこと正直に答えるだけなのに

正解があるっておかしな話だと思いませんか?

 

そこで、今回はベテラン面接官であるF先生に

面接の極意を伺ってきました!

 

 

【志望動機に正解はない】

 

F先生::まず、面接官は相手に上手な答えは求めていません。

    

・当施設の方針を理解しているか

    ・自分の言葉で答えてくれているか

    ・内容に矛盾がないか

 

志望動機では、ざっくりこんな点を見ています。

 

不器用でも自分の頭で考えた言葉で、自分の思いを伝えようとする。

こんな「誠実さ」を持っている人と仕事がしたい。

そう思っているのです。

 

逆に、就活サイトに載っている、ありきたりな解答ばかり並べる人は

信用できません。

 

だって、嘘だってすぐわかるんですもん 笑

 

こんな嘘をついたり、ごまかしたりする人とは誰も働きたくないですよね?

    面接って意外と、シンプルな人間性を見ているんですよ。

 

私:ってことは「こう答えれば面接官が納得する」というような型はないんですね。

  自分のオリジナルで勝負していかなきゃいけないのか…。

 

F先生:かと言って、自分の長所やできることを押し売りするのは

いい印象を与えません。

 

・自分を客観的に見て、よく理解している

・自分が他の人たちと差別化できる強みをわかっている

 

こういう武器を使って相手に、自分の等身大を知ってもらう。

これが一番だと思います。

 

私:なるほど!

  では、まずは自己分析をしてその武器を手に入れることから

始めなきゃなんですね。

  等身大の自分って意外とわかってないかも…。

 

F先生:みんなわかっていないからこそ、取り組むべきなんです。

    これができれば周りとは違う、頭一つ抜けた人になれますからね。

    

私:確かに!

  それはわかったんですけど、自分の言葉で話すって

具体的にどうすればいいんでしょうか?

 

F先生:それにはコツがありまして…

面接官を「一緒に働く仲間や上司」だと思って話してみてください。

 

自分らしい言葉が自然と出てきますから。

 

私:あ、意外とすぐできるかも。

  それに、そう考えたほうが緊張が減りそうな予感がします!

  先生ありがとうございました!

 

 

いかがでしたか?

 

検査技術ゼミナールでは

こんな就職活動へのご相談も承っております!

 

お電話、お問い合わせフォームどちらからも

無料相談受付中です!

お気軽にお問い合わせください。

 

 

Twitterも毎日稼働中!

検査技術ゼミナール(@kensa_zemi) / Twitter

 

 

お気軽にお問合せ・ご相談ください

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
050-3196-8346
受付時間
10:00〜20:00
定休日
日曜

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・相談予約

050-3196-8346

フォームでのお問合せ・相談予約は24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

新着情報・お知らせ

2020/11/20
ホームページを公開しました
2020/11/19
「サービスのご案内」ページを更新しました
2020/11/18
「会社概要」ページを作成しました

medwide合同会社

住所

〒108-0074 
東京都港区高輪4-23-6
ハイホーム高輪708

受付時間

10:00〜20:00

定休日

日曜